HOME  > 戦略編トップ  > 上場企業のSWOT分析(Wiki版)トップ > 鹿島
椿コンサル 宇田川課長 上場企業のSWOT分析 新人ヨーコ 大田原部長
以下のマニュアルが無料でダウンロードできます。
戦略系マニュアルサマリー ナレッジ起業ネタ決めマニュアル ナレッジ起業スタートマニュアル無料版 成功を手に入れる自分SWOT分析
SWOT分析で貴社の問題点と対応策を明確にします。上場企業から中小企業まで、多数の企業様にご利用いただいています。

 鹿島の最終更新日: 2016-12-28 (水) 18:09:50 (353d)     最終更新のRSS

鹿島のSWOT分析

● 強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)はどなたでも編集可能です。
● 編集する場合は、右端の [編集]をクリックしてください。
● 練習用テストページで編集のテストができます。

S(強み)

・ゼネコンのトップ企業である。
・スーパーゼネコンのため、顧客基盤や施工実績、技術力などの面で業界内において高い優位性を持っている。
・業界で随一、技術研究所を保有しており、超高層・耐震・原発などの先端技術に強みがある。

W(弱み)

・同族経営である。
・名門意識が高い。
・談合や子会社の不正取引など、コンプライアンス違反が多発している。

O(機会)

・民間発注者のニーズは価格のみならず、建物の機能性の向上など高度化かつ多様化している。
・首都圏における大規模な再開発および郊外におけるアウトレットモール開発の需要が継続している。
・海外建設市場は東南アジア、中東産油国を中心に需要が堅調である。

T(脅威)

・価格競争が激化しており、受注増加と採算性向上を継続的に両立させていくことが困難な状況になっている。
・国内建設市場は民間建設投資は弱含み、公共建設投資は減少している。
・依然として、業界全体のコンプライアンス意識が低い。
・下請けに対して、厳しい価格競争させている。



■ 貴社のSWOT分析が完成するセミナー

貴社を事例にしたSWOT分析および戦略策定のセミナーを、ご希望の場所で実施します。SWOT分析のやり方を学びながら、自社のSWOT分析、戦略、中期経営計画を作成することができます。
 ・SWOT分析出張セミナー
 ・戦略&中期経営計画完成出張セミナー



■ SWOT分析を活用して収益を最大化させるには

SWOT分析を活用して収益を最大化させる方法は以下に記載してあります。高額なコンサルティング費用を支払わないと入手できない戦略策定のノウハウを丸ごと公開しています。
 ・コンンサルタントの手法による「経営戦略策定マニュアル」
 ・コンンサルタントの手法による「中期経営計画策定マニュアル」
 ・コンンサルタントの手法による「効率化マニュアル」
 ・SWOT分析を活用した「強い組織づくりプログラム」
上記4種類の戦略系マニュアルの概要が理解できる無料PDFも用意しています。
 ・コンサルタントの手法による「戦略系マニュアルサマリー(無料)


■ スポンサーリンク



スポンサーリンク