HOME  > 戦略編トップ  > 上場企業のSWOT分析(Wiki版)トップ > セブン&アイHD
椿コンサル 宇田川課長 上場企業のSWOT分析 新人ヨーコ 大田原部長
以下のマニュアルが無料でダウンロードできます。
戦略系マニュアルサマリー ナレッジ起業ネタ決めマニュアル ナレッジ起業スタートマニュアル無料版 成功を手に入れる自分SWOT分析
SWOT分析で貴社の問題点と対応策を明確にします。上場企業から中小企業まで、多数の企業様にご利用いただいています。

 セブン&アイHDの最終更新日: 2017-09-04 (月) 17:18:41 (103d)     最終更新のRSS

セブン&アイホールディングスのSWOT分析

会社名セブン&アイホールディングス
URLhttp://www.7andi.com/
業種小売業 ※この業種のバリューチェーン
主な事業コンビニエンストア、スーパー、百貨店
概要セブン&アイホールディングス- Wikipedia
中期経営計画http://www.7andi.com/news/pdf/2008/20080410_01.pdf

● 強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)はどなたでも編集可能です。
● 編集する場合は、右端の [編集]をクリックしてください。
● 練習用テストページで編集のテストができます。

S(強み)

・国内最大の流通コングロマリットである。
・コンビニエンス・ストアでセブン-イレブンが圧倒的トップである。
・業態別、地理的に収益の分散が図られている。
・流通業界はセブン&アイとイオンの2大勢力の支配が強まっている。

W(弱み)

・フードサービス事業の赤字が継続している。
・国内のコンビニ事業の成長率が鈍化しており、競争激化や営業コスト増を受けて営業利益率も低下している。
・2006年に行ったミレニアムリテイリングとの経営統合によるシナジーが顕在化していない。

O(機会)

・中国・アジア地域に流通事業の成長機会がある。
・異業種との共同店舗によるコンビニ出店が増加している。
・地産地消や災害時の協力目的でコンビニ業界と「地域活性化包括連携協定」を結ぶ自治体が増加している。

T(脅威)

・雇用情勢の悪化や所得の減少を受けて、消費者の生活防衛意識や節約志向が高まっている。
・衣料品、食料品、生活雑貨などの生活必需品における市場価格の低下が続いている。
・コンビニエンス・ストアによる可能なサービスはほぼ出尽くし、差別化には手詰まり感がある。
・ネット販売の増加傾向。



■ 貴社のSWOT分析が完成するセミナー

貴社を事例にしたSWOT分析および戦略策定のセミナーを、ご希望の場所で実施します。SWOT分析のやり方を学びながら、自社のSWOT分析、戦略、中期経営計画を作成することができます。
 ・SWOT分析出張セミナー
 ・戦略&中期経営計画完成出張セミナー



■ SWOT分析を活用して収益を最大化させるには

SWOT分析を活用して収益を最大化させる方法は以下に記載してあります。高額なコンサルティング費用を支払わないと入手できない戦略策定のノウハウを丸ごと公開しています。
 ・コンンサルタントの手法による「経営戦略策定マニュアル」
 ・コンンサルタントの手法による「中期経営計画策定マニュアル」
 ・コンンサルタントの手法による「効率化マニュアル」
 ・SWOT分析を活用した「強い組織づくりプログラム」
上記4種類の戦略系マニュアルの概要が理解できる無料PDFも用意しています。
 ・コンサルタントの手法による「戦略系マニュアルサマリー(無料)


■ スポンサーリンク



スポンサーリンク