HOME  > 戦略編トップ  > 上場企業のSWOT分析(Wiki版)トップ > ニコン
椿コンサル 宇田川課長 上場企業のSWOT分析 新人ヨーコ 大田原部長
以下のマニュアルが無料でダウンロードできます。
戦略系マニュアルサマリー ナレッジ起業ネタ決めマニュアル ナレッジ起業スタートマニュアル無料版 成功を手に入れる自分SWOT分析
SWOT分析で貴社の問題点と対応策を明確にします。上場企業から中小企業まで、多数の企業様にご利用いただいています。

 ニコンの最終更新日: 2016-05-24 (火) 12:02:40 (398d)     最終更新のRSS

ニコンのSWOT分析

会社名ニコン
URLhttp://www.nikon.co.jp/index.htm
業種精密機器 ※この業種のバリューチェーン
主な事業デジタルカメラ、露光装置
概要ニコン- Wikipedia
中期経営計画こちらのページを参照

● 強み(S)、弱み(W)、機会(O)、脅威(T)はどなたでも編集可能です。
● 編集する場合は、右端の [編集]をクリックしてください。
● 練習用テストページで編集のテストができます。

S(強み)

・一眼レフ市場におけるニコンブランドに高い競争力がある。
・光学技術と精密技術に優位性がある。
・5期連続最高益を更新している。
・液晶露光装置はニコンとキヤノンの寡占状態になっている。

W(弱み)

・特定事業(デジタルカメラと露光装置)への依存度が高い。
・露光装置事業は高い技術力を必要とするため技術革新に伴うリスクが高く、需要のブレも大きい。
・海外比率が7割以上あるため、為替レードの変動が、業績に大きな影響を与える。

O(機会)

・世界のデジカメ市場は、アジアや南米などの新興国に牽引され拡大すると予測される。
・国内デジカメ市場は飽和状態だが、安定した買い替え・買い増し需要が期待できる。

T(脅威)

・デジカメ市場は従来のカメラメーカーに加え、国内外の電機メーカー等が参入し、競争が激化している。
・コンパクトデジタルカメラは、製品のライフサイクルが短いため、各社とも大量に生産される製品を短期間に販売しようとする傾向にあり、価格競争が激化している。
・スマートホンが台頭し且つそのカメラスペックもコンパクトデジタルカメラと同レベル以上に達してきている。



■ 貴社のSWOT分析が完成するセミナー

貴社を事例にしたSWOT分析および戦略策定のセミナーを、ご希望の場所で実施します。SWOT分析のやり方を学びながら、自社のSWOT分析、戦略、中期経営計画を作成することができます。
 ・SWOT分析出張セミナー
 ・戦略&中期経営計画完成出張セミナー



■ SWOT分析を活用して収益を最大化させるには

SWOT分析を活用して収益を最大化させる方法は以下に記載してあります。高額なコンサルティング費用を支払わないと入手できない戦略策定のノウハウを丸ごと公開しています。
 ・コンンサルタントの手法による「経営戦略策定マニュアル」
 ・コンンサルタントの手法による「中期経営計画策定マニュアル」
 ・コンンサルタントの手法による「効率化マニュアル」
 ・SWOT分析を活用した「強い組織づくりプログラム」
上記4種類の戦略系マニュアルの概要が理解できる無料PDFも用意しています。
 ・コンサルタントの手法による「戦略系マニュアルサマリー(無料)


■ スポンサーリンク



スポンサーリンク